海と雪のシアンブルー 感想【CUBE新作エロゲは冬がテーマの純愛系】

海と雪のシアンブルーの感想と紹介です。

CUBEの最新作のエロゲ「海と雪のシアンブルー」は正統派萌えゲーです。
CUBEのこれまでとは違った挑戦の心を感じられる作品でした。

いつもより恋愛要素強めのストーリーでした!

海と雪のシアンブルーについて簡単にご紹介とともに感想をかいていきます。

海と雪のシアンブルーについてざっくりと

CUBEといえばにぎやかな掛け合いとともに軽いギャグと重すぎず軽すぎずのちょうどよい恋愛ストーリーが売りですね。

CUBEは過去に「神様のような君へ」「倉野くんちのふたご事情」といったエロゲタイトルを発売しています。

それらと比べると今作「海と雪のシアンブルー」は恋愛を重視したストーリーといった印象を受けました。

海と雪のシアンブルーはCUBEの純愛系エロゲといって差し支えないです。

しっかりと恋愛していてストーリーは王道系の正統派シナリオです!

キャラクター紹介と感想

海と雪のシアンブルーのヒロインは学生から先生まで様々なヒロインがいます!

以下では感想とともにキャラクターについてお伝えしますね。

個人的には萩野 夢が一番好きです。にゃーん🐈

青野 七のキャラとシナリオ紹介

今回のメインヒロインで主人公の親が再婚した相手の連れ子です。

青野 七は年頃の女の子で、物静かな性格です。

細かいところに気配りができる女の子でもあり、ストーリーでは主人公と会って間もない間はその一面が見えます。

兄弟としての微妙な距離感をお互い感じていましたが、少しずつ解消されていきます。

海で二人で歩いたことがきっかけに二人の関係が近くなっていきます

学校生活を過ごしながらかかわるうちに主人公も青野 七もお互いを好きになっていきます。

ですが兄弟という関係があるため一線を越えられずにいません。

そんなある日、主人公は青野 七を屋上に連れ出し告白をします。

そのあとは離れ離れになるのを我慢してエッチしたりデートといった日々を過ごす内容です。

青野 七のルート感想

青野 七の個別ルートの感想です!

本作の主人公らしく、どのルートで出番が多くキャラの特徴をつかみやすい
あまり例を見ない連れ子ということもあり新鮮なヒロインでした。

連れ子ならではの葛藤や距離感をもっと活かせるストーリーができたハズと感じます。
また、好きになる理由があまり強くなくプレイヤーを置いてきぼりにしているような感想を持ちました。
今作は特に日常が多いので非日常の中で好きになる場面が欲しかったですね。

清木 琴羽のキャラとシナリオ紹介

清木 琴羽は主人公のクラスメイトで性格もよくてかわいいパーフェクト美少女です。

主人公とはクラスアルバム委員として一緒にアルバム作りを頑張ることになります。

一言で表すなら正統派ヒロインとしてふさわしいキャラだと思います。

 

クラスの人気者ですが、人気者なりの苦労があるようです。

 

アルバム作りをすすめていくうちに距離がぐっと近づいていきます。

清木 琴羽のルート感想

クラスの人気者の琴羽がストレス解消にメタル系が好きなのがギャップを感じて面白いです。

主人公のことが大好きな清楚系の女の子、かと思えば主人公を誘ってエッチまでしてしまって驚きました。

かと思えばすぐ告白。琴羽は10数年間好きだったとはいえもう少し時間をかけてもいいのかなと思いました。

最後はアルバムの作成でトラブルが起きますが琴羽の人徳で人が集まって間に合う展開でした。

主人公のことが昔から好きだった伏線を上手く活かせてなくてもったいなぁと感じました。

菜畑 いなばのキャラとシナリオ紹介

菜畑 いなばは主人公の後輩でにぎやか元気なちっちゃいロリです。

図書委員として主人公との本仲間として本のおすすめを教えてくれます。

また、花に詳しく押し花や花言葉をおすすめと添えて教えてくれます。

 

一見は静かな図書室に似合わないキャラクターです。

 

街中では花を買いに来るところで遭遇したりします。

親との仲が難しくて苦労している様子もあります。

菜畑 いなばのルート感想

 

普段はアホらしい彼女も実はつくろっていて本当は悩んでいる女の子ということがわかるお話でした。

また花言葉でさりげない大好きアピールもかわいらしいなぁと思いました!

ドレス姿のいなばの姿が好きです。

全体的に普段はあほらしいけど頭がよいキャラのシナリオという感じかなと思います。

軽めの内容でよくもわるくも無難なまとめでした。におわせといて何もイベントがない展開が多くてなんだかなぁとは感じますが、、、

また、いなばのルートでタイトルの回収が最後にあるので最後に見るのをおすすめします。

萩野 夢のキャラとシナリオ紹介

萩野 夢はねこに好かれて、人間が嫌いな女の子です。

趣味は撮影で主に動物と風景を撮っています。

見た目がかわいいのですが、かわいいゆえのトラウマがあり他人が嫌いです。

見た目がかわいいと大変なこともあるんだな、と新しい発見がありました。(中の人は男ですが)

ストーリーでは主人公がクラスの卒アル担当になりますが、保健室ニートをしている萩野 夢のクラス写真がなく、一枚撮るために奮闘する中で関わります。

最初は乗り気じゃなかった萩野 夢もだんだんと主人公とかかわるうちに明るくなっていきます。

そして主人公の卒アルを手伝う内に自分のやりたいことが見つかりそれに向けて努力をする姿が描かれています。

怠惰な萩野 夢が変わっていく成長の姿は見ていて気持ちよかったです!

萩野 夢のルート感想

萩野 夢の個別ルートの感想です!

人が嫌いな萩野 夢が主人公と出会って少しずつ大人になっていく姿がよかったです。
夢に向かってけなげに頑張る女の子です。
また、言動もクセがありますがダラダラしているペースが個人的には落ち着きました。

人によっては好き嫌いがあるかもしれないです。
最初は自堕落な自己中キャラが続きます。
もうちょっと少しだけでもいいので最初のほうでよい場面を作ってあげるとよかったかも

松木 衣良のキャラとシナリオ紹介

松木 衣良は主人公のクラスの先生です。

作品でいちばんのお姉さんでもの静かな性格をしています。

真面目ですがよく生徒を見ていたり愛嬌もあったりと親しみやすいです。

 

物理も精神も包容力がありそうです。(でっかい。)

 

仲良くなると普段の先生モードとは打って変わってやさかわお姉さんへとチェンジです!

松木 衣良のルート感想

先生のサンタ姿がエッチすぎる。

話しは衣良先生らしく生徒と先生の在り方で悩む普通の女性でした。

見える部分は堅そうですが話すと物腰が柔らかい先生というのが伝わるストーリーでした。

あとオナバレタイムは盛大に笑いましたw

卒業するまでエッチはお預けで生ごろしが強かったです。

周りに関係はバレずにきれいに終わったのが気になります。無難ではありますが。

エッチシーンについて

エッチシーンについてです!

全体的に長さは十分あって差分もほぼ使いまわしもなく5,6回はあるため満足です。

学校エッチと家エッチがメインで、2,3回戦するので抜きやすいです。

伏字やピー音なしのエッチでおまん〇を連発するのがよかったです。

ちょいちょい主人公の顔が映り込むので気になる人は気になる。

しっかり抜けるエロゲらしくエッチ音声もイラストもしっかりしていてよかったです
連続でやるので長さは十分ありました!

主人公の映り込みが多い。
人によっては萎えるかもしれない・・・

海と雪のシアンブルーのまとめ

このエロゲのおすすめ度 

海と雪のシアンブルーは一言で言うと無難の部類です。

全体的にゆったりと読めるシナリオです。

日常場面がずっと続くのでイベントが起きてそれを楽しむというよりは日常をだらだら見ていくシナリオでした。

ある程度文章を読むのが慣れている人ではないと疲れるかもしれませんが、文章を読むのが平気な人にはおすすめです。

キャラクターはなにかしら闇とまではいかないものの悩みを抱えていて現代の女の子っぽさがあってよかったです。

ところどころ改善できるところはあるので次回作に期待したいですね。

こんな方におすすめ

  • 正統派の恋愛シナリオ好き

CUBEファンの方以外はお好みでといった感じでした。これはやっとけ!というエロゲではないと思います。

それでも気になる方がいたら以下よりDL版購入ページに移動しますのでよければどうぞ

遊び放題なら3500タイトルが遊べます
3500タイトルが今なら無料で体験できます!
まずは無料で試してみませんか?
抜きゲーから萌えゲーの名作まで、あなたの好みのゲームが3500タイトルからゆっくり探せますよ。
おすすめの記事